この記事は約 2 分で読めます ( 約 774 文字 )

SIMカードの種類(右端がNano-SIM カード)

SIMカードの種類(右端がNano SIMカード)

 

iPad mini 5(第五世代)ですが、じゃあ、SIMカードってどれを選べば良いのか?ってことでじゃないでしょうか。

 

結論から先に書けば、iPad mini 5に挿せるSIMカードは「Nano SIMカード」です。いち番ちっちゃいサイズのSIMカードになります。
しかも音声通話カードではなく、データ通信のみのSIMカードを選びましょう。
理由は次に書きます。

 

ただ、注意点もあります。それはiPad mini 5もそうですが、iPad miniはそもそも電話通話ができません。

なので、SIMカードを選ぶ時に「音声通話・電話対応の格安SIMカード」を選んでも使えません。

 

もちろん、通話アプリ(LINEやSkype)を使えば一般電話やスマホへ電話通話ができます。でもやっぱり面倒ですよね。

 

なので、iPad mini 5を使うならiPhoneやAndroidスマホのサブとしてWi-Fiに繋いで使うか、データ通信のみのSIMカードを挿して使うか、です。

 

あともう一つ落とし穴があって「SIMカードを挿せる」iPad mini 5は、挿せないタイプより15,000円も高いです。

 

15,000円も余分に払って、音声SIMカードを挿しても電話として使えません。

 

なので、わたしならiPad mini 5を買うなら安いタイプ(SIMカードが挿せないほう)を買ってスマホのサブとして使いますね。

 

ネットと繋ぐ時は、ポケットWi-Fiで繋ぐか、近くのフリーWi-Fiで繋ぐか、もしくは、スマホのテザリング機能を使って繋ぐかしますね。
※家にいるときは光回線の無線LANに接続

 

とここまで、ごちゃごちゃ書いて来ましたが、SIMカードを選ぶなら「データ通信のみのカード」で良いということです。

 

間違って、月額値段の高い「音声通話・電話対応のSIMカード」を選ばないようにご注意ください。